当社第二工場が1999年4月23日に米国FDA基準HACCP認定を取得

  食品の安全を確保することは、当社にとって、最優先事項であり、HACCPはこの目的を達成するのに最善の管理方法のひとつだと考えています
  “おいしく食べる。おいしく生きる。”をスローガンに、消費者に安全で衛生的な食品を提供するため、当社は、米国FDAのHACCP水産食品規則に則った衛生管理を行っています。

米国FDA基準 HACCP認定書
1999年4月23日 社団法人 大日本水産会
JAPAN FISHERIES ASSOCIATION


対象商品  冷凍蒸煮たこ





私たちの考える品質管理。それは、これまでの基準とは一線を画すもの。


 金属探知機

鉄、およびステンレスを専用の探知機でチェックしています。 製品中の金属片の混入の防止のため、すべての製品を金属探知機に通過させる。

 品質管理室 

 当社独自に、厳しい基準を設け、定期的に製品の品質・細菌検査を実施し、生産現場の衛生管理等の指導を行っている。

 クリーンルーム

 空気中に浮遊している細菌類が原因となる「浮遊汚染」から製品を守るクリーンルーム。外部から完全に遮断された室内は、空気の清浄化により常に無菌化が保たれる。

 汚水処理場

地域・環境の保全のため、工場内の全ての汚水を
一カ所にまとめ、浄化して自然に戻す。